読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Platinum Data Blog by BrainPad

株式会社ブレインパッドのデータ活用に関する取り組みや製品・サービス開発の裏側、社員の日常などをご紹介します。

「ツール・ド・東北2015」参加レポート(今年も元気に参加してきました)

イベント・講演 ブレインパッドの日常

こんにちは、広報の中林です。

2015年9月12日(土)・13日(日)に「ツール・ド・東北 2015」が開催され、当ブログでもお知らせのとおり、ブレインパッドメンバーが今年も元気に参加してまいりました。(私自身もクルーとして参加してまいりました。)

先日、主催者であるヤフー株式会社の「Yahoo! Japan Corporate Blog」にて当日の様子がレポートされたのを受け、当社も参加レポートをお送りします。

9月12日(土)東北だ、仙台だ、全員集合

到着した仙台駅は、とても良いお天気で、少し暑いくらいの気候でした。

夕方、石巻専修大学にライダー・クルーメンバー全員が集合し、翌日のスケジュールの確認の他、当社代表の草野より「怪我のないように、ライダーもクルーも明日は精一杯楽しみましょう」とメンバーへ激励の一言。その後全員で集合写真を撮影し、翌日の本番に向けて決起集会を行いました。

[f:id:brainpad-inc:20151104185439j:plain,w550]
●参加メンバー全員で集合写真

9月13日(日) イベント当日

この日は朝から小雨が降り、若干天候が心配されましたが、スタートが近づくにつれ天候も回復。思ったより寒くもなく夕方までは非常に良いお天気で、ライダー・クルーともに過ごしやすい気候となりました。

気仙沼フォンド(211km)のライダーから5:30に石巻専修大学を順次スタートし、南三陸フォンド(170km)は5:55、北上フォンド(100km)は6:45、女川・雄勝フォンド(60km)のライダーは7:35にスタートしました。そして、気仙沼ワンウェイフォンド(95km)のライダーは8:30に気仙沼会場をスタートしました。ボランティアクルーも朝5:45には会場に入り、エイドステーションの準備などを行いました。

[f:id:brainpad-inc:20151105125839j:plain,w560]
[f:id:brainpad-inc:20151105125921j:plain,w560]
●ブレインパッドからは、気仙沼フォンド・北上フォンドにエントリー。スタート直前。

f:id:brainpad-inc:20151105130339p:plain f:id:brainpad-inc:20151105130402p:plain
●(左)気仙沼フォンドのルート図(石巻専修大学~女川~雄勝~北上~南三陸~気仙沼~南三陸~北上~石巻専修大学)
●(右)北上フォンドのルート図(石巻専修大学~女川~雄勝~北上~神割崎~北上~石巻専修大学)
[出典:「ツール・ド・東北2015 公式ウェブサイト コース情報」より]

[f:id:brainpad-inc:20151104185042j:plain,w560]
●クルーメンバーも一生懸命、ボランティア活動中

良い天候から一転、夕方からは雨が降り始め、夕立のような激しい雨が降り続く時間帯もありました。雨の中、ひたすら走り続けるライダーの皆さんの姿は、ただただ格好よく、黙々と走り続ける背中に感動しました。私は、応援していた身ながら、気付けばこちらが勇気付けられていました。これこそまさに、「応援してたら、応援されてた」というツール・ド・東北のコンセプト。去年に引き続き、コンセプトにふさわしく、あたたかい感動に包まれた締めくくりとなりました!

最後に

私は、今回が初めてのツール・ド・東北の参加となりましたが、東北地方の復興の早さと、地元の皆さまの元気な姿に驚かされました。また、その一方で、所々に東日本大震災の爪あとが残っており、今後もこういった復興支援活動が継続されていくことが大切なのだろうと感じました。今回のイベントでは、クルーとしての活動を通して、普段なかなか触れ合うことのできない地元の方々と一緒に、エイドステーションの食事を作ったり、ライダーの方々を誘導したり、様々な形で交流させていただき、「このイベントを成功させて、東北の地を盛り上げたい」という、地元の皆さんの一生懸命な姿勢を感じました。ちょっとしたハプニングも何のその、みなさんとても前向きで、終始笑顔と会話が絶えない楽しい現場でした。そんな皆さんの明るい笑顔に、自然と私たちも笑顔になっていました。


このツール・ド・東北に参加し、本当に有意義で楽しい時間を過ごすことができました。
本イベントを開催された、株式会社河北新報社、ヤフー株式会社をはじめとする主催者の皆さま、運営を支えたスタッフの皆さま、応援していただいた地元の皆さま、本当にありがとうございました!

<参考>
■ツール・ド・東北2014のBPブログはこちら
http://blog.brainpad.co.jp/entry/2014/10/31/153000

■Yahoo! Japan Corporate Blogのツール・ド・東北2015の記事はこちら
http://yahoojapanpr.tumblr.com/post/132123451327/tdt2015