DOORSカンファレンス2021全記事公開記念まとめ - ブレインパッドをパートナーに選ぶ理由 -

2021年6月16日に開催したDOORSカンファレンスの全てのレポート記事が、DXメディア「DOORS」に掲載されました。本イベントに登壇いただいた企業はすべて当社のクライアント企業です。
このブログでは、ブレインパッドを熟知するクライアントからブレインパッドがどう見えているのか、そしてどんな点が評価されているのかを抜粋してみました!

f:id:brainpad-inc:20210901160518j:plain


こんにちは、広報の中林です。

「経営者の隣にデータサイエンスを。」をテーマに、当社が2021年6月16日(水)に開催した「DOORS ‐ BrainPad DX Conference 2021 ‐」。そのセッションの模様が、DXメディア「DOORS」に全記事公開されました。

本イベントに登壇いただいた企業の皆さまは、すべてブレインパッドのお客様です。セッションでは、各企業のDXについてご紹介いただくだけでなく、「ブレインパッドの良い点」「だからブレインパッドをパートナーに選んだ」など、当社を評価いただく言葉もたくさんいただきました。

本ブログでは、各セッションの概要の他、お客様がブレインパッドのどこを評価しているのか、ブレインパッドの強みはどんなところにあるのか、が表れているお客様からのコメントもまとめてご紹介します。

各セッションの詳細を知りたい!という方は、本ブログからリンクしている「DOORS」メディアの記事をご覧ください。

セッションの概要と当社へのコメントを一挙紹介

イベントの記事を一つ一つ見ているお時間のない方、興味のある記事だけ見たい方、ご安心ください。そんな皆さま向けにイベント全体のサマリー記事も公開しています。

イベントのサマリー記事

www.brainpad.co.jp


それでは、ここからは、各セッションの概要とお客様からのコメントをご紹介します。

伊藤忠商事株式会社登壇セッション「伊藤忠商事が掲げる『次世代商人とDX』」

超巨大企業グループの伊藤忠商事は、あえて「データ活用」という言葉を使い、地に足をつけてデータを活用し「既存ビジネスを磨く、進化させる」という取り組みを推進されています。当社取締役 関口を交えたセッションでは、その取り組みの概要をご紹介いただきました。

●ブレインパッドの良さとは?
  • 「データ活用」という点で、長い間、業界課題や社会課題を解決してきた実績がある。そして今後も解決していこうというパッションがあり、「これは良い出会いなんじゃないか」と初期の頃に感じた。
  • パートナーに求めるものとして、伊藤忠商事のビジネスに寄り添ってくれるという点が一番重要。もはや内製というか、一歩踏み込んで「一緒にやっている」という間合いを作ってもらっていることに関して、大変感謝している。そして、これができる会社は意外と少ない。
  • パートナー選びの際には、伊藤忠商事のファミリーになってくれるだろうか?私達と一緒に伊藤忠グループやお客様、マーケットに対して同じ歩調でやってくれるか、という点を重要視している。ブレインパッドは、それができる企業。
・前編

www.brainpad.co.jp

・後編

www.brainpad.co.jp

Zホールディングス株式会社登壇セッション「『データの会社』へ変化を遂げた日本列島総DX化」

多種多様なマーケットやさまざまな消費者とのコミュニケーションに入り込むようなサービスを展開するZホールディングス。当社取締役 関口とのセッションでは、膨大な情報を扱う企業が考えるDXとは、そしてどんな未来を見据えているのかをご紹介いただきました。

●ブレインパッドの良さとは?
  • 私たちが求めるレベルのデータサイエンティストは、世の中に数多くはいない。もちろんZホールディングスにもそんなに数多くいるわけではない。その中で、ブレインパッドは非常に高いレベルで支援していただける企業・パートナーである。
  • データサイエンティストとしての専門的な知識だけでなく、幅広い業界や企業を支援しているので、横断的な知見もある。
  • Zホールディングスにも非常に優秀なデータサイエンティストはいるが、得意領域が特化されやすい。ブレインパッドのように横の知見がある上でのデータ分析は、非常に広い視野で実施できるので、他社にはない特長だと思う。
・前編

www.brainpad.co.jp

・後編

www.brainpad.co.jp

株式会社りそなホールディングス登壇セッション「『データサイエンス』で変える金融DXの未来」

銀行業で唯一「DX銘柄」に選出され続けているりそなホールディングス。当社取締役 関口とのセッションでは、「アプリを中心としたデータ活用」の取り組みや、「銀行業でデータサイエンス部門として抱えている」理由などをご紹介いただきました。

●ブレインパッドの良さとは?
  • アプリのリリース以前から、ブレインパッドにはさまざまなアドバイスを頂戴し、2019年からはデータサイエンス部門の立ち上げにおいて、手厚くサポートしてもらった。
  • 今回のセッションの中で私の考えとして発言したことも、実はブレインパッドに学んだものが多数あり、データが生み出す価値は本当に大きいと実感している。
  • 今後も、このデータの世界をブレインパッドとともに追及していきたいと思っているし、その先に新しい価値があると信じているので、これからも一緒に歩んでいきたいと思わせてくれる企業である。
・前編

www.brainpad.co.jp

・後編

www.brainpad.co.jp

オルビス株式会社登壇セッション「『サスティナブルなDX』を目指すオルビスの未来」

変革を続けるオルビス。当社代表取締役社長 草野とのセッションでは、過去のビジネスモデルからの脱却など企業課題を解決する中で、データはどのような役割と果たすのか、また変革のモチベーションとなるものは何なのか、をご紹介いただきました。

●ブレインパッドの良さとは?
  • 「マーケティング」や「事業戦略」に対しての造詣が深いという点が最大の魅力だと思っている。
  • マーケティング戦略を前提とし、「であれば、このデータをどう活用してくか」を考える、この順番が絶対的に重要。事業戦略とかマーケティングの理解とか知見とか造詣が深くないと、そこがワークしていかない。ブレインパッドはそれができる企業である。
  • そして、何より成果を出していくためのアプローチをとることができる。
・前編

www.brainpad.co.jp

・後編

www.brainpad.co.jp


DOORSメディアでは、以上のクライアント企業によるセッションの他、当社代表取締役社長の草野によるキーノートセッションや株式会社日経BP戸川氏とのクロージングトークの様子も記事として掲載していますので、こちらもぜひご覧ください。

オープニングキーノートセッション

www.brainpad.co.jp

クロージングトーク

www.brainpad.co.jp


各業界のDX先進企業の取り組みが垣間見える良記事がたくさん公開されていますので、皆さまぜひご覧ください。



私達ブレインパッドは、日本を代表する企業のDX推進支援を通じて、「日本の社会を変えたい」という意識を持って、全社員がお客様と対峙・支援しています。そんな各社から高い評価をいただいているブレインパッドで、一緒に働いてみませんか?幅広い職種で一緒に働いてくれる方を募集していますので、興味のある方は当社の採用サイトをチェックしてみてください。
www.brainpad.co.jp