Platinum Data Blog by BrainPad

株式会社ブレインパッドのデータ活用に関する取り組みや製品・サービス開発の裏側、社員の日常などをご紹介します。

【9/1開催】600名超が集った「TREASURE Network Showcase Vol.2」を現地レポート! ー 「Rtoaster×TREASURE」がDMP市場を牽引している理由とは ー

先日9月1日(金)にトレジャーデータ社主催の「TREASURE Network Showcase Vol.2」に、当社も共同出展しました。そして、最近、巷でよく耳にする「両社のプライベートDMPである『Rtoaster』と『TREASURE CDP』の違いって何?」をテーマに、弊社 近藤が登壇しました。その概要や展示ブースの模様を現地リポートしましたので、ご紹介します!
f:id:bpblog-nakabayashi:20170922143025p:plain


こんにちは、広報の中林です。

9月1日(金)、トレジャーデータ株式会社が主催する「TREASURE Network Showcase vol.2」にブレインパッドが出展したので、取材してきました!

当日は、1,000人規模の会場が埋め尽くされるほどの大盛況ぶり。そして講演会場では当社近藤から、「『Rtoaster』×『TREASURE』がDMP市場を牽引している理由」をテーマに、講演が行われました。

一見すると、ブレインパッドのプライベートDMP「Rtoaster」と「TREASURE CDP」(旧:TREASURE DMP)は、どちらもDMPに関する製品なので競合のようにも見えます。しかし実際は、今回のように一緒にイベントに出展したり、共催セミナーなどのアライアンスが今一番多いパートナーです。また、2つのツールを両方導入するお客様も多いのです。

私自身も疑問に思っていた以下のこと。
■「『Rtoaster』と『TREASURE CDP』、いったい何が違うのか?」
■「2つのツールを両方導入するお客様は、どのように使い分けているのか?」

この点を明らかにすべく、メモを片手に両者の講演を聞いてきました。

■「Rtoaster」×「TREASURE CDP」は最強タッグ

近藤:「同じプライベートDMPを提供する企業同士、競合だと思っている方は多いと思います。ただ実は、ブレインパッドとトレジャーデータは良いパートナー関係であり、『Rtoaster』と『TREASURE CDP』の特徴や違いも明白です。」
f:id:bpblog-nakabayashi:20170907153743p:plain:w323 f:id:bpblog-nakabayashi:20170907160212p:plain:w327


「まず『TREASURE CDP』は、データレイク型プライベートDMPで、あらゆるデータを統合し、分析やマーケティングアクションにつながるデータとして蓄積できる点が特長です。一方で単独ではWebサイトへのバナーやメールを出すことはできず、『顧客と最適なコミュニケーションをとりたい』という場合には、他のマーケティングツールとの連携が必要となります。」
f:id:bpblog-nakabayashi:20170915193335p:plain:w650



「そして『Rtoaster』はアクション型DMPで、ワンツールで多彩なアクションが実施可能な点が特長です。多彩なアクションとは、Web接客と呼ばれるサイト内のバナーやポップアップ・商品のレコメンド・デジタル広告の配信・パーソナライズしたメール施策などです。」

「通常これだけのアクションを実施するためには、複数のツールが必要です。それがワンツールで実施可能となることは、実際に運用するマーケターの方にとってかなりのメリットでしょう。
そして、これらの顧客データを活用した1to1マーケティング施策をするには、『整理・格納』された質の高い顧客データがあると、より施策の効果が上がります。」
f:id:bpblog-nakabayashi:20170915193456p:plain:w650



「同じプライベートDMPではありますが、特長が違うからこそ両者が連携することで、マーケターが実現したい目的やアクションをカタチにできるPlatformの提供が、可能となります。」
f:id:bpblog-nakabayashi:20170915193555p:plain:w650


●増えてきた「Rtoaster」×「TREASURE CDP」活用ケース

近藤:「今年6月9日に発表した小学館の『コトバDMP』の事例のように、『Rtoaster』と『TREASURE CDP』を連携したいとの問い合わせが増加しています。両ツールの親和性は高く、連携することにより、実行できる施策の幅が広がるだけでなく、より複雑な施策の設計も可能となります。さらに、実は実務者にとって一番大事な点である、DMP活用にかかる工数の削減も実現できます。」
f:id:bpblog-nakabayashi:20170905201539p:plain:w650

f:id:bpblog-nakabayashi:20170915191317p:plain:left,w160● 株式会社トレジャーデータ 堀内氏コメント
「クライアントが実施したい施策のPDCAがうまく回るほど、『TREASURE CDP』に蓄積されるログは増えていきます。そこはTREASUREの専門分野であり、『TREASURE CDP』がカバーします。その先にある施策のバリエーションを増やし、確実・的確に実施していくのは、やはり『Rtoaster』。その結果、様々な人に様々なアプローチができるようになることで、パーソナライズを実現させていこう、というのが僕らの想いです。」


■「Rtoaster」展示ブースも大盛況

会場内に併設していた当社の「Rtoaster」ブースにも、多くの方に立ち寄っていただきました。
すでに「TREASURE CDP」を導入している企業の方からの、具体的な「Rtoaster」導入のご相談も多々あったようで、「TREASURE CDP」と「Rtoaster」のタッグに寄せられる期待の高さを感じることができました。
f:id:bpblog-nakabayashi:20170905204540p:plain:w325 f:id:bpblog-nakabayashi:20170905205053p:plain:w325

イベント会場では、来場者が「この企業・ツールの話をもっと聞きたい」「トレジャーデータと一緒にセミナーを開催してほしい」と思った企業に投票する催しも行なわれ、なんと当社が3位に選ばれました!

これを受けて、早速10月10日(火)に連携サービスの詳細をお伝えするセミナーを開催予定です。こちらもぜひお申込ください。
techplay.jp


■本イベントの登壇資料、ダウンロードできます

イベントにご参加いただけなかった皆さまも資料をご覧いただけます。ご興味を持たれましたら、ぜひこちらのURLから資料をダウンロードください。
https://go.pardot.com/l/391552/2017-09-11/6j3d2l?utm_source=pb170922


■最後に

いかがでしたでしょうか?

イベントの来場者には「TREASURE CDP」を導入済みもしくは導入を検討中の方も多く、当社のブースでも「Rtoasterと一緒に導入したい」という具体的なご相談も多数いただきました。改めて、「TREASURE CDP」と「Rtoaster」の親和性の高さを感じたイベントでした。

ブレインパッドでは、自社開催の「Rtoaster」セミナーも定期的に開催していますので、ぜひこちらにもご参加ください!
www.rtoaster.com



ブレインパッドは「Rtoaster」の提供をはじめ、パーソナライズの実現やウェブ・アプリを活用したデジタルマーケティング施策の実施を支援しています。ご興味がある方は、ぜひこちらからお問い合わせください。
www.rtoaster.com