ブレインパッドの福利厚生を紹介します!~社員のコミュニケーションを支援する制度編~

ブレインパッドは、社員が働きやすい環境の実現を目指し、社内のコミュニケーションが活発になる仕組みを福利厚生として設けています。今回はその中から、社員同士のコミュニケーションを支援する制度をご紹介します!
f:id:brainpad-inc:20211109115923j:plain


こんにちは。広報です。
ブレインパッドは、データサイエンティスト、ビジネス、エンジニアといったさまざまな職種のプロフェッショナルが集まり、業務に取り組んでいます。
そんなブレインパッドには、社員同士がお互いを知るきっかけ作りや、社員同士のコミュニケーションを支援する仕組みがあります。

本ブログでは、その中の一部をご紹介したいと思います。

1.CLUB-AID
2.ウェルカムランチ
3.肉会
4.メンター制度

1.CLUB-AID(クラブエイド)

社員のタテ・ヨコ・ナナメの親睦を深める役割を果たしているクラブ活動を奨励し、支援する制度です。
自転車部、ゴルフ部、テニス部、ボルダリング部、カラオケ部、コーヒー部、デジタルゲーム部、ボードゲーム部など、アウトドア、インドア共にさまざまなクラブが活動しています。
(ここ最近はコロナ禍のため、以下の写真のような楽しい活動ができず、とっても残念です!)

f:id:bpblog-tanaka:20211109110323p:plain

2.ウェルカムランチ

ウェルカムランチは、ブレインパッドに入社した中途社員を歓迎し、仲間入りへの第一歩を踏み出しやすくすることを目的とした歓迎会・歓迎ランチ支援制度です。その費用はもちろん会社負担。美味しい食事をしながら、中途入社社員と配属部署のメンバーが集って「はじめまして」と挨拶し、互いを知るきっかけとなるイベントとして活用されています!

f:id:bpblog-tanaka:20211109110455p:plain

3.肉会

ブレインパッドでは、社歴の長い方から最近入社した方まで、さまざまな職種の社員が業務にあたっています。日々の業務だけでは、どうしても自身の業務上で関わる人以外とのコミュニケーションが少なくなってしまうので、部署に関係なく多くの仲間と知り合うきっかけを作る支援制度として、「肉会」を実施しています!

肉会は、マッチングアルゴリズムによってランダムに選ばれた3名の社員がランチかディナーに行くことができ、その費用を会社が負担するという制度です。
(緊急事態宣言など、新型コロナ感染症拡大の状況に合わせ、適切に「一時的に中止」などの措置をとっています。)

ここで、ちょっとした自慢!
この「肉会」制度は、2018年1月12日(金)の日経MJで紹介されたこともあるんですよ!
(「飲みニケーション進化、会社に新風、飲み方改革に乾杯!遠くの人と、他部署の人と、仕事の種も芽生える?」というタイトルの特集記事で取り上げてもらいました)

f:id:bpblog-tanaka:20211109110610p:plain
いつもより少しリッチなランチを食べることができ、会話も弾みます
※写真は緊急事態宣言前に実施した肉会で撮影したものです

4.メンター制度

メンター制度は、新入社員(新卒・中途ともに)がブレインパッドという新しい環境にスムーズに定着していけるよう、自身が所属する部署の上長とは別に、指導・相談役を担う社員が新入社員をサポートする制度です。

肉会、メンター制度については、ブレインパッドに新卒入社したデータサイエンティストの1年間を振り返ったブログの中でも詳しく紹介されていますので、ぜひご覧ください!


いかがでしたでしょうか?
ブレインパッドには多彩なプロフェッショナル同士がコミュニケーションを高めるための仕組みがたくさんあることを感じ取っていただけましたら幸いです。

当社では、新卒採用・中途採用ともに、さまざまなプロフェッショナルを積極的に募集しています!ぜひご応募お願いします。
www.brainpad.co.jp