Platinum Data Blog by BrainPad

株式会社ブレインパッドのデータ活用に関する取り組みや製品・サービス開発の裏側、社員の日常などをご紹介します。

3部署混合の夏合宿を開催しました!

ブレインパッドのデータサイエンティスト、エンジニア、営業の有志18名が集まり、職種の垣根を超えた混合合宿を開催しました。その模様を写真満載でお伝えします!
f:id:bp-writer:20190726184349j:plain


こんにちは!アナリティクスサービス部の吉田です。

今回は、6月に開催した1泊2日の部署混合合宿について、たくさんの写真とともにレポートします!

エンジニア部署や営業部ではこれまでも何度か合宿を行っていますが、データサイエンティスト(以下、DS)メンバーが参加する合宿はこれまでほとんどありませんでした。そこで今回はDS部署発案で合宿を企画し、どうせなら他の部署も合同でやろうということで、3部署から総勢18名が参加する合宿を行いました!


合宿のテーマ

1. 部署を跨いで何か一緒にやってコミュニケーションしよう!
2. 普段やろうと思いつつも出来てないことをこの機会にやろう!

の2つです。

また、ブレインパッド社はこの記事で紹介するように若いメンバーも含めてフラットでワイワイとした雰囲気がある会社だということを写真などを通じて知ってもらえれば良いなと思います!


参加メンバー

DS13名, 営業1名, エンジニア4名の合計18名が参加しました。

DS部署からの企画発案ということもありDS比率高めですが、営業部からも1名参加してもらい、新卒2年目から社歴10年目、メンバーから部長まで参加するなかなか多様なレイヤーが集った合宿となりました。


合宿地

18名のプチ大所帯の宿泊、かつ作業環境としては早いWi-Fiと広い机、ホワイトボード、プロジェクターも欲しいよね。あと温泉も入りたい。というワガママ全部を包み込んでくれたマホロバマインズ三浦さんを利用させていただきました。文句のない環境と美味しいご飯で大満足でした!


スケジュール

それぞれ普段の業務を少しこなし、お昼過ぎからの出発となりました。

6/14(金)
13:00-15:00 / オフィス出発~マホロバマインズ三浦到着
15:25-15:30 / はじめの挨拶
15:30-16:00 / アイスブレイク・自己紹介
16:00-19:00 / 他者の価値観を知り相互理解するためのワークショップ
19:00-21:00 / 夕食
21:00~ / 自由時間・懇親など

6/15(土)
8:00-9:00 / 朝食
9:00-11:30 / チームごとに別れて作業①
11:30-12:30 / 昼食
12:30-16:15 / チームごとに別れて作業②
16:15-17:15 / 成果発表会&各自感想コメントなど
17:15-18:00 / 片付け・解散

作業時間では3チームに分かれて作業を行いました。1チームは現状の会社組織の課題を洗い出して議論する"ディスカッションチーム"。残りの2チームはデータサインティスト・エンジニア混合でもくもくとプログラムを書いてプロダクトを作る"もくもくチーム"です。


ショートムービーも作りました!

楽しかった様子は百聞は一見に如かず、ということで合宿の全体を3分ほどに収めたショートムービーを作りました。
2日通して全体的にとても和やかに、ときにもくもくムードで合宿を終えることができました。


全日程を写真でも紹介!

合宿日の朝から最後までをたくさんの写真で振り返ります

合宿の朝。しおりの配布!

f:id:bp-writer:20190726183819j:plain
DS栗原さんが"趣味で"作ってくれた旅のしおりが登場した朝。部長に「愛を感じる」と評されたとてもかわいい一冊。

f:id:bp-writer:20190727015619j:plain

f:id:bp-writer:20190727015652j:plain
「お菓子は300円まで」は日本国憲法に定められている


マホロバ到着。まずは自己紹介兼アイスブレイク

f:id:bp-writer:20190727020038j:plain
ホテルについて早速会議室(作業場)へ。
f:id:bp-writer:20190727020134j:plain
3部署合同ということで、お互いに始めて話すメンバーもいたため、最初に自己紹介と合宿への意気込みコメント、そしてアイスブレイクとして簡単なゲームなどを行いました。


他者の価値観を知り相互理解するためのワークショップ

f:id:bp-writer:20190727020252j:plain
簡単な自己紹介が終わったあとはDS部署部長 紺谷さん、副部長 井上さんによるもっとディープなワークショップへ。

写真のような用紙を各自に配布し、自分が大切にしているキーワードを10個選ぶ→そのうち5個削る→さらに3個まで削る を行い、最後に残った「自分の譲れない価値観」や「途中で削った価値観」について思いを巡らし、それを他の参加者と共有するワークショップを行いました。(このワークショップの内容はこちらの書籍を参考にして構成されました)

f:id:bp-writer:20190727020351j:plain
参加者全員の結果を集計すると、ブレインパッドメンバーは「ユーモア」「意味のある仕事」「感動」「自由」「創造性」「変化と多様性」などに重きをおいているメンバーが多いことがわかります。データを扱う理系なイメージの弊社ですが、総じてみんな「熱くて面白くて意味のある仕事をやりたいぜ!」っというマッチョな気持ちが垣間見えます。
f:id:bp-writer:20190727020420j:plain
みんなでワイワイ言う時間。一つもシールがついてないやつをイジり合うなど。
f:id:bp-writer:20190727020502j:plain
自身の価値観のエッセンシャルなところを自覚しつつ、他者の価値観の受容も目指した良い時間となりました。

1日目は昼から行動開始したこともあり、このワークショップを終えて終了となりました。


御飯と夜の海

f:id:bp-writer:20190727020538j:plain
夏の三浦海岸といえば、そう、マグロです。バイキングにならぶ海鮮系を端から全部取っていくマン。
f:id:bp-writer:20190727020557j:plain
みんなのアニキ 営業部早川さんが「夜の海が見たい」というのでご飯後にみんなでワイワイ行ってきました。夜の海での会話は3倍エモく聞こえる不思議。めっちゃ合宿っぽい。。。


二日目

朝ごはんを食べ、二日目は朝9時からスタート。本格的なもくもく作業の開始。

f:id:bp-writer:20190727020610j:plain
コーヒー番長のエンジニア部署 中村さんがミルを持参しコーヒーを淹れてくれました。朝から高まるテンション。

チームに分かれてもくもく作業開始

f:id:bp-writer:20190727020653j:plain
会社組織について話し合うディスカッションチームでは、DS部署の部長陣やメンバー、営業部が参加し、それぞれの立場で感じている課題感について意見を出し合い、改善に向けた検討を行いました。

「受託分析」という難しいビジネススタイルを貫くDS部署では、クライアントワーク、組織力強化、DSメンバーの教育・技術力向上などなど、考えることが山積みのため、まとまった時間をとって意見交換できる貴重な時間となりました。

合宿後のアンケートでも、役職や部署を超えて腹を割ってフラットに意見を出しあえて良かったという感想が寄せられました。
f:id:bp-writer:20190727020724j:plain
エンジニアとDSメンバー混合のもくもくチーム①では、会社で利用している仕出し弁当注文を楽にするためのプチプロダクト作成を目指して作業しました。
f:id:bp-writer:20190727020743j:plain
f:id:bp-writer:20190727020800j:plain
もくもくチームでは、エンジニアとDSでペアプロをしながら開発を進めました。

エンジニアでは当たり前に行われているペアプロ文化ですが、DS組織ではやろうといいつつもなかなかできていないことの一つだったため、この機会に「正しいエンジニアリング」をエンジニアから教わりながらDSがコーディングするスタイルにトライしました。

こちらも、ある程度まとまった時間を取って「重要だと思っているが普段できないこと」に取り組めて良かったという感想が寄せられました。
f:id:bp-writer:20190727020831j:plain
もくもくチーム②でも同じように、社内の利便性をあげるためのカメラアプリ開発を行いました。こちらは初めてのRaspberry Piを触りつつの開発となり苦戦しながらも作業を進めました。

ちなみにこちらのチームのプロダクトは7/20に行われたTFUG Okinawaで発表したので、気になる方はこちらのスライドをチェックしてみてください!


ランチ休憩

f:id:bp-writer:20190727020946j:plain
夜御飯に引き続き海鮮三昧!人数が多いので3テーブルに別れてワイワイ雑談しながらのランチ休憩。
f:id:bp-writer:20190727020959j:plain
f:id:bp-writer:20190727021010j:plain
f:id:bp-writer:20190727021020j:plain


もくもく作業のラストスパート

お昼ご飯後は、夕方の共有会に向けて各チームラストスパートです。
f:id:bp-writer:20190727021048j:plain
f:id:bp-writer:20190727022018j:plain
f:id:bp-writer:20190727022037j:plain
f:id:bp-writer:20190727022107j:plain
f:id:bp-writer:20190727022119j:plain
f:id:bp-writer:20190727022206j:plain


報告会と各自感想など

最後に、全チームで5分間ずつ、どういった作業を本日行ったのか共有会を行いました。もちろん5分で伝えきることもできず、そして全チーム作業はまだ途中段階だったのですが、合宿終了後にも取り組むFuture workを残しつつの報告会となりました。

f:id:bp-writer:20190727022354j:plain
f:id:bp-writer:20190727022409j:plain
f:id:bp-writer:20190727022425j:plain
チームごとの共有が終わった後は、参加者全員で各自一言感想。初めてのスタイルの合宿でしたが各自ポジティブな結果で終えられたようで良かったです。
f:id:bp-writer:20190727022540j:plain


最後に

初めての大人数&部署横断開催で準備なども含めいろいろと大変なこともありましが、全体的には

  • 普段関われない人・役職の違う人と議論することで様々な視点で物事を見ることができた。業務から離れて、目的が同じ人と集中してテーマに取り組むことで、腹を割って話せた
  • 「重要だと思っているが普段できないこと」に関して、自分の興味の範囲でテーマを決めて取り組む時間が取れた

というポジティブな感想を参加者からもらえました!事前の準備不足や運営側の課題などは次回の合宿では改善したいと思います!

「業務を離れて普段と違う場所で普段と違う人達と一つのものにじっくり取り組む」ことは新たな価値観や感情を得る大きな助けとなりました。「合宿」はそのためのうってつけの方法だと改めて感じました。

ブレインパッドも300名を超える大所帯となり、「AIの社会実装」など技術とビジネスの総合格闘技を行っていく上で、各部署のコラボレーションの必要性は増々高まっています。技術職にもビジネス職にも「越境」が必要です。合宿のようなコミュニケーションの機会も今後も継続的に行っていき、なめらかな組織を目指していきたいと思います。
f:id:bp-writer:20190727022651j:plain

というわけで、この記事を通じてブレンパッドの雰囲気が少しでも伝われば幸いです!
ブレインパッドでは引き続き「熱くて面白くて意味のある仕事をやりたいぜ!」という仲間を募集しています!
www.brainpad.co.jp


Special Thanks

今回の合宿は企画時から多くの企業の合宿ブログを参考にさせていただきました。特に株式会社カブク様のエンジニア開発合宿記事は楽しく読ませていただき、多くを参考にさせていただきました。ありがとございました!


当社では、データサイエンティスト、エンジニアを積極的に募集しています!ぜひ、新卒採用・キャリア採用ともに皆さまのご応募をお待ちしています!
www.brainpad.co.jp