Platinum Data Blog by BrainPad

株式会社ブレインパッドのデータ活用に関する取り組みや製品・サービス開発の裏側、社員の日常などをご紹介します。

Developers Summit 2015 Autumnでお話ししてきました

こんにちは。基盤開発部の下田です。最近朝晩はぐっと寒くなってきましたね。

 

縁があってお声がけいただきましたので、デブサミ(Developers Summit 2015 Autumn)にてお話をさせていただきました。

 

背景など

アドテクブームから続く流れで、やや広告側に傾いてはいますが、引き続きデジタルマーケティング業界は活況です。そのおかげもあって、当社を含めて様々なバックグラウンドを持った方が、出入りしています。その中で最近思うこととして、特にエンジニアの方が、自分が携わっていることの意義や意味に、腹落ちしてなかったりするケースが多いなあ、と思っています。基本的に、エンジニアの方には、ストレスが多い(!)業界ではあると感じていますので、少なくともその業界で所属する会社の方向性にコミットし、自身がキャリアを積む上で、「どういう全体感の中で」「どこを担っているのか」ということをガイドすることで、少しでも業界全体に何か恩返しができるといいな、と思って話してきました。

f:id:brainpad-inc:20151023183051j:plain

講演で利用したスライド

講演で利用した資料を公開しています。

 

タイトルでハードルを上げすぎて、ギリギリまで作成に苦戦していたのですが、少なくともベンダーのエンジニアから見ると、「こういう感じに見えていて、この辺が面白くなりそうですよー!」という内容を中心にまとめています。とはいえ、実はこのスライドで、デジタルマーケティングの全てが網羅されている訳ではなく、正直な話を言いますと…広告の話題に寄っています。個人的には、広告による集客/刈り取り後、つまり資料で言うマーケティングファネルの後、顧客とどのように関係を構築していくのか、という点も意外とまだ開拓されきれておらず、テクノロジーで解決できる何かがあるはずでしょう、と思っています。

 

マーケティング・オートメーション

その「解決できる何か」の代表格が、マーケティング・オートメーションではないかと考えています。詳しい話は本エントリでは触れませんが、当社もフランスのProbance社と提携し、マーケティング・オートメーションへ積極的な取り組みを進めています。

www.brainpad.co.jp

 

という感じで、当社は分析の会社というイメージが先行していますが、デジタルマーケティング業界における先進的な取り組みも実施しています。興味を持たれましたら、是非ご応募を〜!!

www.brainpad.co.jp